仮想通貨に関する消費者庁への相談が3倍に

2017年の仮想通貨取引とICO(イニシャル・コイン・オファリング)に関する相談件数が、前年に比べて3倍に増加したというデータを日本の消費者庁が公表した。この数字は、4月27日に行われた金融庁が主催する第2回仮想通貨交換業等に関する研究会で.



via : https://coinnext.net/archives/21366