脆弱性放置のDrupalサイト、相次ぎ仮想通貨採掘攻撃の被害に

それによると、米サンディエゴ動物園やメキシコ・チワワ州のWebサイトで、仮想通貨採掘を狙った「クリプトジャッキング攻撃」の被害が確認された。両サイトには、Drupalを更新しないまま、脆弱性のあるバージョンを使い続けていたという共通点があった。 マーシュ氏が詳しく調べたところ、世界各国で348のWebサイトが被害に …



via : http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1805/08/news057.html