スカンジナビア初の輸送関連ICOが間もなく開始

Blockshipping ICOパブリックセールが5月14日にスタート

プレセールの成功と世界中から寄せられた圧倒的な高評価を受け、BlockshippingがCCCトークンのパブリックセールを5月14日に開始すると発表。

2018年5月7日 コペンハーゲン – コンテナ輸送は今日、世界の海上貿易の約60%を占めています。しかしながら、このたいへん価値の高い産業は、次のような課題に長年悩まされてきました。

  • 輸送能力不足
  • 低い運賃
  • セキュリティー上の脅威
  • 厳しさを増す環境規制

Blockshippingは、世界中に約2,700万台ある輸送コンテナをリアルタイムに登録する初の登記システムであり、また、コンテナ輸送業界の全てのプレイヤーのための共同プラットフォームでもある、Global Shared Container Platform(グローバル・シェアード・コンテナ・プラットフォーム、GSCP)を作ろうとしています。世界中でコンテナを取り扱う業界のプレイヤーたちは、このプラットフォームを使って、関連する幅広い範囲の取引を効率的に実施することができるようになります。

また、このプラットフォームが広く採用されれば、輸送コンテナのよりスマートな取扱いが可能になると共に、世界の二酸化炭素排出量を大幅に減らすことができ、年間57億米ドルの経済効果が業界にもたらされるでしょう。

3月初めにBlockshippingのICOが初めて発表されて以来、Blockshipping GSCPのプロジェクトとICOは極めて肯定的に受け入れられており、Blockshippingはパブリックセールに大きな期待を寄せています。

トラッキングサイトでのランキング高評価:

Blockshippingがいくつかの大手ICOランキングサイトを確認したところ、以下の通り、Blockshipping ICOはその品質に関して、一流と評価されていることが分かりました。



via : https://www.coinjinja.com/blog/posts/2018/5/blockshipping-pr