ICO「Firop」がエアドロップ実施!

そして、Firopに公開される全ての研究機関や企業が発行するトークンとFDPを、様々な暗号通貨や法定通貨での交換を実現させることでFirop内での流動性を高める。このようにしてユーザーは造水平均FDP、公開される研究機関のトークンを自由に取引できる。 FDPを保有することはFirop全体の価値を持つことになり、各造水 …



via : https://www.sankeibiz.jp/business/news/180510/prl1805101213078-n1.htm