エコシステムにおける20の仮想通貨の取扱いを約していたEO.Trade、プレセール最初の1か月ですでに30の仮想通貨を統合

    有力ブローカーExpertOptionが運営する4つのプラットフォームから成るエコシステムEOは、プラットフォームローンチの暁には30の仮想通貨が決済に利用できるようになると発表した。ホワイトペーパーでは、EOのファイナンシャルウォレットEO.Financeのローンチ時には20の仮想通貨が利用できると約束していたが、公開プレセール最初の1か月のうちにすでに30を超える仮想通貨を配布するに至っている。

    EOは、ExpertOption CEOの Ivan Opriaの優れた知能が生み出したエコシステムで、不換通貨取引と仮想通貨取引の融合を図る4つのプラットフォームのローンチ計画により仮想通貨業界に旋風を巻き起こした。EOはそのマーケットプラットフォームEO.Tradeで、最高、最大、最速の仮想通貨取引実現を約束し、仮想通貨と不換通貨を結ぶ金融ハブEO.Finance、トークンベースのアカウントExpertOption.com、ブロックチェーンと最新の取引についての最新ニュースを扱うニュースポータルサイトEO.Newsの提供を約している。プロジェクト開発はスピーディに進行しており、EOがその約束を実現するだろうとの確信は高まっている。

    CEOのIvan Opriaはこう語る「約束を履行するのは当然のことです。私たちが計画しているのは期待を超えること。ExpertOptionの成功をバネにEOは投資家の選択肢を広げ、ブロックチェーンと従来タイプのオンライントレードを近づけ、利便性、実用性を高めることをねらっています」

    EOプロジェクトの開始以来EOは一連の動画によってその経営、チームメンバーを公開し、高い水準の透明性を保ってきた。動…



    via : https://www.coinjinja.com/blog/posts/2018/5/expertoption-pr3