ビットコインの未来5つのシナリオを予想してみた

初めまして、ぶろっくまです。

光栄にもCOIN JINJAさまで原稿を書かせて頂く機会をいただきました。

本日は記念の初投稿となります。皆様どうぞよろしくお願いします。

まずは、ちょっと振り返りの意味でも、定点観測としてビットコインの未来を占って見たいと思います。

これから、考えられるシナリオとしては、おおよそ以下の5点のビットコインの未来が予想できると思います。

1.ビットコインの価値が無価値になる。×

2.ビットコイン以外の仮想通貨が生き残る。△

3.ビットコインだけが生き残る。×

4.ブロックチェーン技術だけが残る。×

5.ロングテールモデル 新たな仮想通貨は増え続ける。◯

1.ビットコインの価値が無価値になるパターン

これは、仮想通貨市場が終わるというシナリオです。

仮想通貨は、あくまでバブルであって結局何も生み出さない。無価値な市場であると証明されてしまうということです。

たしかに、すでに流通している仮想通貨は、通貨として機能していても、実利用されているというには程遠い様子です。

しかし、価値の保存先として、ゴールドのかわりとして機能している面は評価できるのではないでしょうか。

今や50兆円を超えるほどに市場が拡大した仮想通貨が、一瞬にして消え去ることはもう考えにくいと思います。

むしろ、富裕層のリスク分散先として世界のマネーが流入してくる可能性も考えられるのではないかと思います。

もしそうなれば、新しい資産クラスとしての仮想通貨の位置付けがより確かなものへと確立されていくはずです。

2.ビットコイン以外の仮想通貨が生き残るパターン

これは、現在の通貨としてのビットコインの欠陥を補う新しい仮想通貨が実利用されていくシナリオです。

ビットコインの抱える問題として、送金にかかる時間、手数料、プライバシーがあります。

ビットコインはオープンソースなので、改良されてどんどんと新しい通貨が生まれていきます。これから本格的に通貨として使われるのであれば、セカンドレイヤーの開発が成功するか、他の仮想通貨が通貨としての機能を補って新しいものが生まれるかのどちらかになるはずです。

また、PoS通貨であるのか、PoW通貨であるのかコンセンサスアルゴリズムがどちらが優れているのかと言う議論もまだまだ繰り返し行われていくと思います。

つまり今後、ビットコインより優れた仮想通貨が、ビットコインの価値を上回り、ビットコイン一強時代に終りを告げる可能性は十分にあると思います。

3.ビットコインだけが生き残るパターン

ビットコインだけとは限りませんが、イーサリアムなど有力な仮想通貨が生き残り、草コインと呼ばれる投機需要だけの通貨が絶滅するシナリオです。

これは、法規制の問題もクリアしなければならないので、上場基準を満たせず、違法と判断されたものは上場廃止という処置を取られるリスクがあります。その場合は、資金力のない、時価総額の低い仮想通貨や、プロジェクトの中身を説明しきれない空虚な仮想通貨は絶滅するかもしれません。

そして何よりも一番有名で、知名度の高いビットコインの優位性を覆すことは出来ないでしょう。

ビットコインは仮想通貨のシ…



via : https://www.coinjinja.com/blog/posts/2018/5/blockkuma_0531