MyEtherWalletの使い方

f:id:udoncryptocurrency:20170611171630j:plain

 

 

 

今回はMyEtherWalletというオープンソースでいい感じのEthereum Wallet(イーサリアム ウォレット)を紹介したいと思います。

 

まず最初に

注意

基本的にはボランティアで作られているものです。なので、ICO時などの超負荷が高い時にはサーバーが処理落ちするかもしれません。ただ、普段使用するぶんには何の問題もありません。

 

概要

 

  • 対応しているプラットフォーム:Webブラウザが対応しているならどんな機種でも。ただし、スマホでやるのはお勧めしません。
  • 対応しているハードウェアウォレット:Trezor,Ledger Nano S MyEtherWalletなどのサーバーにつないで、トランザクションを流す感じです。秘密鍵は(サイト側に送信しない限り)こちら側で保管する感じです。

もし、大きな金額のETH(1ヶ月の給料くらい?)を保有しようとしていて、TrezorやLedger Nano Sをお持ちでない方は、買っておくことをお勧めします。二つとも持っていますが、私はTrezorの方がお勧めです。資産を安全に保管しておくことが可能になります。ですがきちんとバックアップを取らないともちろんいけません。

 

始め方

 

ダウンロード

 

想定されているやり方としては、MyEtherWallet: Open-Source & Client-Side Ether Walletにアクセスして始める方法でしょうが、これではセキュリティ的にあまりよろしくありません。TrezorやLedger Nano Sでやらない限り、秘密鍵を送信してしまうことになるからです。

 

なので、GitHubというところから、MyEtherWalletのソースをダウンロードします。

github.com

f:id:udoncryptocurrency:20170611172401p:plain

Clone or Download→Download Zipで、Zipファイルをダウンロードします。

f:id:udoncryptocurrency:20170611172533p:plain

先ほどのファイルを展開するとこんな感じのフォルダができていると思います。そしてそのetherwallet-mercury → dist フォルダの中に、index.htmlというファイルがありますので、それを適当なブラウザ(Chromeとか)で読み込むと…!

f:id:udoncryptocurrency:20170611172628p:plain

こんな感じの画面が出てくると思います。成功です!

 

ウォレット作成

 

TrezorやLedger Nano Sや、その他Ethereumのアドレスの秘密鍵をお持ちの方は次の、ウォレットの使い方からお読みください。

注意:乱数生成ににバグがあるかもしれないとの情報が流れてます。念のため、MyEtherWalletではなくJaxxやTrezor、Ledger Nano Sなどで作成した方が無難です!

 



via : http://www.udon.blog/entry/2017/06/11/192039