Qchainが、ブロックチェーン上のアンケートアプリを組み込む

ここ1ヶ月で、Qchainはチームを拡張してきてます。人材が増えるにつれて、当初のアイデアを超え、ブレーンストーミングや開発できるようになり、そしてそれらを実現できるようになってきています。

この記事は増えて活性化してきた議論や記事を編集・補足をしたものです。

さらに今回は、わりと新しい話です。エンタープライズ向けの有料調査サービス(アンケートアプリ)を開発し、Qchainのプラットフォームに組み込むことにしました。

この主な目的は、学生や専業主婦など少額の収入を求める人たちに、スムーズかつ確実に報酬を得る方法を提供することです。やり方としては、調査用のアンケートを記入するというものです。

イメージはこんな感じなようです。

 

f:id:CoffeeTimes:20170709224739p:plain

 

マーケティング担当者、アンケート調査者、学者、A / Bテスト担当者、および予測や意思決定をするために多数の情報を必要とするすべての人が、自分自身で調査アンケートを作ることができます。

このアイデアは、今は存在していないブロックチェーンベースのアンケートをやったら何かうまくいくんじゃないか?というような気まぐれではないと強調しておきます。 AmazonGoogleSalesForceが一般ユーザや企業にとって不可欠なサービスやツールを開発してきましたが、私たちもこれらの会社のようになりたいと思いチーム内で話し合ううちに、このアイデアが生まれました。

つまり、デジタルマーケティング者と、デジタル広告主のための包括的なエコシステムを作り上げ、不可欠なサービスを提供するためです。

 

 

アンケートWebアプリ

では、調査Webアプリケーションはどのような構成なのか、という話に入っていきます。

ユーザーは、ログインページで、広告アプリケーションまたはアンケートアプリケーションにするかを選択できます。どちらもそれぞれにアカウントが必要になります。

アカウントを作成した後、ユーザーは、基本的なユーザ情報を記入します。理由は、アンケートのクラス分けでフィルタリングのためで、適切なアンケート対象者に、適切なアンケート・質問をできるようにするためです。(例えば、大学生向けのアンケートが、専業主婦のユーザのところに表示されないようにするためです)。

Qchainは、このユーザデータを販売したり、法的および目的外の使用はしません。他の記事や情報でも我々は話しているんですが、ユーザーのプライバシーを維持することは、最重要事項であり、常に気にかけていることの1つです。もしユーザが登録しているときに、記入したくない任意項目があれば、記入しないことを選択することができ、その情報を必要とするアンケートの対象にならないだけです。

 

ログインイメージ。これ以外の画像はまだないとのこと。笑

f:id:CoffeeTimes:20170709224850p:plain

 

エンタープライズアンケートのほうにログインすると、ユーザーは右側のメニューで「参加者」セクションと「調査者(Researcher)」セクションを選べます。ユーザーが「調査者(Researcher)」ボタンをクリックすると、調査用アンケートを作成するためのインターフェイスに誘導されます。調査アンケートを提出する人は、アンケートを書いてくれる人のために参加資金として払うQchainトークンの種類を選び(ETHベースの場合はEQCトークン、XEMベースの場合はXQCトークン)、そのトークンを払うためのウォレットのアドレス(NEMまたはEthereumウォレットのアドレス)、および参加者一人当たりトークン料(つまり料金)を決めて、次に進みます。そのあと、調査アンケートのトピックのカテゴリを選ぶページに移り、決めたら送信します。

 

一方、ユーザーが「参加者」ボタンをクリックすると、『その時点にアンケートに参加可能かつ、ユーザが入力した基本情報に合わせて対象となってすべてのアクティブな研究・調査アンケート』のリストが表示されたインターフェイスに誘導されます。ユーザーが参加できないアンケートは、対象とならない理由を示すために、そのアンケートの対象が記載されます。(若手社会人向けのアンケート、など)

 

調査者(Researcher)のメリット

調査者は、Q…



via : http://coffeetimes.hatenadiary.jp/entry/2017/07/09/225123