分散型メディアのひとつのかたち「文春型メディア」

どうもぶろっくまです。
億ラビットさんや、アリスマンさんの記事に触発されて、僕なりのアンサーソングを書きました。

COIN JINJA Vs ALISバトルが盛り上がってきています。バトルと言っても、ディスり合いではなく、建設的な議論が巻き起こる切っ掛けとなっていて、素晴らしい流れがスタートしています!

政治も、一党独裁ではなく、野党と与党が分かれていることでバランスのとれた結論を導き出すことができます。

つまり新陳代謝しつづけることが、若さと勢いを保つ秘訣ではないかと思います。

その意味でも、刺激となる白熱した議論は、待ち望んだものだったのではないでしょうか。

これからは、分散型のメディアのあり方について、考えていく機会が増え、どんどん議論が進んでいくと思います。

メディアの新しい形として、インターネットとスマートフォンが爆発的に浸透していくと同時に、個人ブロガーの時代から、企業ブログへ、そして、ニッチ向けブログから、SNSの流行でマス向けメディアへと変化してきました。

旧来紙媒体のメディアの形から、ネットメディアへの変化、そして次は、分散型メディアが主流となるかもしれません。

ちょっと億ラビットさんの記事を参考に僕なりの旧来メディア対分散型メディアの位置付けのイメージを考えてみました。

Steemit = WSJ

ALIS = TIME

COINJINJA = 文春w

先行者は王道を行くと思うので、新参者はどんどんニッチになっていくんじゃないかという理論です。

これから市場が拡大するにつれて、より多くの需要に応える媒体が必要となってきます。

難しい内容から、砕けた内容まで、多様化すると思うのです。

メディアとは

インターネットとは「伝える仕組み」のことだと思います。

テキスト、動画、音声と様々な手段がありますが、その元となるものは人が生み出す想像力です。

今までは、TV番組や新聞、雑誌やラジオのようにコンテンツを届けるチャンネルが限られていました。例えるならば、料理を乗せるお皿が限られていた状態です。

豪華なお皿や、お皿の数、迅速な配送システムばかりが進化していますが、本当に大切なものは、料理=コンテンツでありそのものの「味」です。

どうして、料理の味よりも、店の外装や、お皿の豪華さが重視されてしまったかと言うと、お店の出店場所が限られているので権利の奪い合いになってしまったからだと思います。

そして、誰でもお客が来るお店は、味より、見栄えや体裁を整えるという方向に比重をおいてしまいました。

そこで、インターネットの存在が、その常識に風穴を開けました。検索、ブログ、SNSが既存のメディアにとって変わろうとしています。
しかし、ここでまた問題が起こります。インターネットはオープンで自由というイメージがありますが、本当に誰にも開かれたものになっているのでしょうか。

もちろんそのオープンソースの考え方は素晴らしいものがありますが、もともと分散的であったインターネットでさえも、一部のプラットフォーマーが覇権を牛耳るようになり、既得権益化しています。

市場原理では、独占こそ利益の根源であり、圧倒的な優位性を生み出しますからです…



via : https://www.coinjinja.com/blog/posts/2018/6/block_kuma0610