基盤コイン?子トークン?

アンニョンハセヨ~。

はじめまして。

ソウル在住のアンジェリコのミコといいます。

ご縁あって、コイン神社さんでブロガーとして活動させていただくこととなりました。皆様、よろしくお願いします。

私は韓国に10年ほど滞在してます。2015年に知り合いからの勧めで、仮想通貨を始めました。初めて仮想通貨で海外送金したときに、銀行送金よりも早く、手数料もかからないので、これは便利!と感激してハマりました。

分散型経済圏の発展に関心があり、仮想通貨は知れば知るほど面白く、 二児のママでもあるので、子ども達の時代には、仮想通貨があたり前の世界になると信じ、 最近はインスピレーションでICOへの投資を主にしています。

仮想通貨って、最先端の科学技術でわからないことも多いけど、投資のための自分軸を作っておくことは、とっても大切だなと思います。私も韓国にいることから、韓国のIT技術者の方々と交流をするようになり、教えてもらったことがたくさんあります。仮想通貨市場という未知の世界を羅針盤をもって動けるように、女性がICO投資をする上で知っておきたい情報をゆる~くシェアできたらいいなと思います。

さて、今日は“仮想通貨市場という地図の見方”というテーマで進んでみたいと思います。

大多数を占めるコインとは

仮想通貨としては、ビットコイン、イーサリウムあたりが大御所ですが、日々新しいアルトコインが世の中に出る準備をしています。世界で一体どんなコインやトークンが出回り、どのくらいの割合を占めているのでしょうか?

まずは、2018年5月10日の仮想通貨総額データを見てみます。この分布図を見てみると、1位はビットコインで40%、2位イーサリウム、3位リップル、4位ビットコインキャッシュ、5位イオス、6位エイダ、7位ライトコインといったメジャーな仮想通貨が、全体の約70~80%を占めています。

この約70~80%を占める仮想通貨は、基盤コインとなっています。
enter image description here

現在の仮想通貨総額状況を把握しましたが、基盤コインって何でしょうか?

仮想通貨の価値を見極めるうえでは、数多くのコイントークンの違いを押さえておくことがポイントになります。

基盤コイン(親)とトークン(子)とは?

仮想通貨の価値を把握するポイントは、独自のメインネットを持った基盤コイン(親)であるのか、それとも既存基盤コインのプラットフォームに作られたトークン(子)であるのかということです。

独自のメインネットをもったコインを韓国では、基盤コインもしくはプラットフォームコインともいうのですが、日本ではあまり使われない用語のようです。ここでは、メインネットを持ったコインを基盤コインと定義させていただきます。日本独自のメインネットをもったコインは国産コインというそうですね!

基盤コインとトークンは、いってみれば親子の関係です。

2018.06.12 21:15



via : https://www.coinjinja.com/blog/posts/2018/6/micoclub0612