中華系取引所トークン:BigONEが発行するONEについて

最近話題になっている配当型の取引所トークンですが、BigONEという取引所も発行を発表し、早速アカウント開設の受付を始めています。

いずれも中華系の取引所で、FT、OCX、BIG、CONI辺りが現地では注目を浴びているようです。

※BIGはBigONEが発行するトークンで、ONEとは別に以前から発行されていたものです。

今回は、英語になっていた説明をざっくりと日本語にしてみました。

尚、「ONE」の取引マイニングへの参加は先着順で行われるようです。

スケジュール

2018年6月22日「ONE」のマイニングを開始

「取引マイニング」セクションの取引手数料の100%が「ONE」で配分されます。

最初の3日間の「ONE」の配分はすべて6月25日に行われます。

2018年6月25日「アーリーバード」になると「ONE」を獲得出来ます!

人数限定、数回に分けて「アーリーバード」の枠を開放していきます。

早期に「取引マイニング」を体験してみましょう。

2018年6月28日一般公開

「取引マイニング」が全ての人に公開されます。

「ONE」を持つ人に、取引手数料の100%が配分されます。

「ONE」とは?

仮想通貨取引所BigONEが新規発行するトークンです。

発行総数は200億枚、となり、マイニングされるまではロックされた状態にあります。

BigONEは、「ONE」ホルダーに取引手数料の100%を配分します。

51%:コミュニティインセンティブ

「取引マイニング」を通じて徐々にリリースされ、マーケットに流通していきます。

49%:BIGホルダー…



via : https://www.coinjinja.com/blog/posts/2018/6/bigone-one