麻生さん、あの件どーなんですか!?

皆さんはじめまして!平成生まれのゆとり女子、兎に猫(とにねこ)と申します。

この度「AL●Sで書くならCOIN JINJAで書いてみない!?」に応募しまして、記事を書かせて頂ける事になりました。

COIN JINJAでは私が仮想通貨売買をした際に謎に思ったこと、よくわからなかった事や、時報ネタを分かりやすくまとめていこうと思っています。

遅筆ですが、どうぞ末永くよろしくお願いします。

麻生さん、私達も汗かいてますよ?

今日はタイムリーにあの発言について、お話してみようと思います。

先日、麻生財務相が意訳するとこんな発言しましたね。

麻生財務相「仮想通貨の税金20%は国民の理解が得られるか疑問。」

仮想通貨に投資している人は「なんでー?」って思う人が多いかもしれません。

一応続きには、「仮想通貨の位置づけが不透明」であることや、「ブロックチェーン技術は仮想通貨以外にも使える技術な為、技術の育成の為本当に必要かどうか疑問」とも発言をしています。

ブロックチェーンについては嬉しい事ですが、私達に直結する税金は別でよね。

仮想通貨と他の投資の税金の違いとは

まず、税金の違いをおさらいしてみましょう。

仮想通貨に適応されている税金は「総合課税」といいます。

雑所得税の中にある税金で、所得金額に応じて税率が変わると言うもの。

最大で45%の税金がかかり、その上一律10%の住民税がかかります。2018.06.27 11:02



via : https://www.coinjinja.com/blog/posts/2018/6/cat_labbit0627