仮想通貨取引所ABCCが独自トークン(AT)が本日取引開始

    ABCCのチームは、2018年7月25日13時に迫ったAT取引開始の準備を加速させている。世界の新興仮想通貨取引所の1つであるABCCは、ABCCチームの約束通り、独自トークンの取引を開始する。

    トレード・トゥ・マイン(ToM)取引所がブロックチェーンコミュニティに対して恩恵をもたらし、その発行以来期待通りの素晴らしい実績を見せたのは驚くべきことではない。2018年7月9日のAT発行以来のマイニング実績は、素晴らしい成功であり、取引量は1度世界第5位にまで登り詰め、現在も着実に成長している。

    「7月9日のABCCトークン(AT)の発行以降の取引量の圧倒的な急増、そして安定的な成長に驚いた。ATの価格が持続可能なマイニングモデルと、ABCCユーザーの信頼を反映すると確信している。オープンで、摩擦がなく、参加型であるという、我々が尊重するブロックチェーンの哲学は、我々がユーザーに比類のない取引エクスペリエンスを提供する動機となっている」と、ABCC取引所のカルヴィン・チェンCEOは語った。

    ABCCトークン(AT)は、ブロックチェーンネットワークでの待ち望まれる取引デビューを果たした後、予測される40セントの開始額から急上昇することは決定的だ。

    ABCCの野望は、マイナーにATで報酬を与えることにとどまらない。ABCCエコシステムの青写真の主要な要素として、価値のシェアを生み出し、ATの投資家、ATのスーパーマイナー、APIユーザー、ブロックチェーンプロジェクトチーム、その他のパートナーを1つにまとめる上で、様々な利害関係者の間でコンセンサスを可能にするのがATなのである。ATの価値への信頼を共にすることで、異なる参加者が協力し、リソースと価値をお互いに交換し、強力で長続きするコンセンサスを共に築き上げていく。

    ATの投資家、つまりATを保有するメンバーは、ATエコシステムにおいて必要不可欠な役割を果たす。報酬、エアドロップ、プライベートセール、上場投票、ToMを通じたマイニング能力の強化等、様々な恩恵を受けることができるようになる。ネットワークを支えるAT保有者に日々の取引手数料の80%がいき、トークンの保管と流通の動機付けになっていることが、現在の報酬の好例である。

    2018.07.25 12:22



    via : https://www.coinjinja.com/blog/posts/2018/7/abcc-pr-0725