ロシアの小売大手、世界的メーカーがサプライチェーンの非効率さを解決するためAIを駆使する

    非営利の小売協同組合である、Efficient Consumer Response Europe(ECR)、ロシアの小売大手Magnit、世界有数の小売業者数社は、小売業界にAIとビッグデータソリューションを提供するOSA Hybrid Platform(OSA HP)と提携しました。

    今回のパートナーシップにより、Magnit社と他の小売業者は、ECRとOSA Hybrid Platformの共同技術に基づくパイロットプロジェクトをテストする予定です。このパイロットは、Metro、Coca-Cola、Danone、PepsiCoなどの企業でOSAがすでに実施している成功した事例を基に構築されます。

    プロジェクトはモスクワの小売店舗100店で実施され、システムのアラートシグナルは各店舗の従業員によって処理されます。これにより、ユーザーは在庫切れをリアルタイムで検出することができ、これらの状況を修正するために店舗内の商品担当者に情報を送信することができます。

    テスト結果が満足のいくものであれば、Magnitはモスクワ全域の食料品店、家庭用品店、ハイパーマーケットにてこの技術を実装します。

    現時点では、システムを導入するための技術的作業が行われています。パイロットの終了後、結果は2018年9月までに分析されます。

    その主な目的は、製品の回転率を向上させ、在庫不足/過剰在庫を削減し、小売業者および製造業者がそれぞれ収益を増加させることです。

    在庫と品ぞろえの非効率さを解決するために、本プロジェクトはリテールビジネスに各製品と各店舗の正確な情報を提供し、売上に影響を与える問題を特定し、これらの問題を解決できるソリューションに取り組みます。

    このプロジェクトでは、コンピュータ視覚技術と画像認識技術もテストします。どちらもOSA HPが回転率の低い製品を安定して高精度に追跡することを可能にします。

    「小売市場における大規模なネットワークの競争が激化している現在、品揃えの品質管理の問題はますます重要になっています。この作業は、集中管理されたサプライチェーン管理システムのみで解決することはできません。

    個々の店舗の問題を特定し、従業員との業務上の連絡を行うツール…



    via : https://www.coinjinja.com/blog/posts/2018/7/sponsored-osa-dc