国産グルメSNS「シンクロライフ」(SynchroLife)がICO済のトークン報酬の導入を開始

日々、「国産コイン」で動いているサービスって殆ど無いよね、というのが口癖になっているのは著者だけでは無いはずだ。

動いているという意味では最も動いているサービスが、実はある。

知らない方も多いと思うが、2017年9月に香港法人SynchroLife, LimitedでICOを行っていた、グルメSNS「シンクロライフ」(SynchroLife)に、本日からトークン報酬が導入された。

導入されたシンクロコインは、レビューを書いた方に対して報酬として配布されていく予定だ。

今後は、店舗決済自体に使え、ユーザーにも還元されるという仕組みになっている。

enter image description here

「シンクロライフ」(SynchroLife)について

昨年のICO以前からプロダクト自体は公開されており、ユーザーもいる状態であった。

現在、シンクロライフには17万件以上のレビュー、そして42万枚の写真が掲載されています。全登録ユーザーのうち19.68%のユーザーによりレビューが提供されています。(一般的には平均のレビュー投稿率は5%以下と言われています。※当社調べ)

運営会社リリースより

数字からも分かるが、食べログ等の競合サイトと比べると、写真を中心にコメントが書きやすい仕様になっている。

また、ユーザー層も所謂グルメ好き、ライフスタイルの中で、食の優先順位が高い方が中心になっているのが差別化の要素になっている。

CEOの神谷氏は「既存のグルメサイトでは本当に自分が食べたい、美味しい店が見つからない」と常々言っており、彼自身がそもそも美味しい店を見つけるのがライフワークになっている。

これは、他のチームメンバーも同じで、運営としてというよりは、SynchroLifeのヘビーユーザーとしてユーザーには認知されている。

2018.08.02 12:28



via : https://www.coinjinja.com/blog/posts/2018/8/SynchroLifeCoin0802