なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。

幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。

仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。

この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。

ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディアが活躍するジャンルでは無い。

日本国内においては、売上規模にすれば、法人メディアより個人ブログの方が大きいだろう。

最も旧態依然としてそうな出版社である幻冬舎がなぜ、仮想通貨のWebメディアに踏み込めたのか。

編集長の設楽氏に話を聞いてみた。

幻冬舎でWebと言えば「設楽」

Twitterや、Web上で見る設楽編集長の経歴は、「マイナビ、幻冬舎、NewsPicks Book」など、華々しくはあるが、よく分からないものにも見える。

一方で、幻冬舎の中にいる箕輪氏と比較すると、設楽編集長も自身でサロンを運営していたり、Voicyでも発信をしていたりと、「個人ブランディングをしている幻冬舎の人」というのは分かりやすい。

ただ、それだけでは、何故出版では無くWebメディアか。何故ブロックチェーンなのかというのは見えてこない。彼がどうして幻冬舎の中で『あたらしい経済』を立ち上げ、編集長になるに至ったのか。まずはそこから聞いていきたい。

COINJINJA 編集部(以下、神社):そもそもネット上の情報を拾っているだけだと、設楽さんのキャリア自体が見えにくい所があるのですが、簡単に教えて頂けますか。

設楽編集長(以下、設楽):元々2002年くらいからHTMLなんかは好きで、それこそBlogって言葉が出来た頃から触ったりしていました。当時自分でサイトを作ってアフィリエイターをやっていたりしました。

また新卒で入社したマイナビでも、就職活動の媒体も変わり始めていて求人広告の売上は、入社したタイミングでは最初は紙の方が大きかったのですが、それから1年でWebと逆転してしまう、そんな時期でした。

その頃から広告営業をしながら、今で言えばWeb広告営業に採用オウンドメディアを一緒に作りましょう、とか内定者向けのe-learningを導入しましょうといった提案や企画をしていました。

その後、2005年に幻冬舎に転職して、最初は書店営業をしていました。でも前職でやってたWEB系の仕事に比べると、正直あまり面白くなかったので、ある時、当時とてもダサかった幻冬舎のHPをリニューアルした事があって。あと当時幻冬舎に無かった社内のイントラネットを構築したりしていました。

それ以降、非常にアナログな会社で他にそういう人材もいなかったので、社内や経営陣の間でも「設楽はネットに詳しいね」という評価になんとなくなっていきました。

ちょうど時代の流れもあって、ネット系の色んな提携の話が会社に来ることが増えてきた時期でした。その時に、打ち合わせに同席するようになって。例えば社長と有名なIT社長の方々が打ち合わせする時には、「ちょっと通訳で入ってよ」という形ですね。

なので、配属はしばらくの間営業局だったのですが、半分以上はネット関連のアライアンスや新規事業をやってきました。

それで確かiPad発売のタイミングで電子書籍が来そうだという事になって、その頃Web系のアライアンスも増えてきたので、私がデジタル専門の部署を立ち上げることになりました。最近だとpixivさんと「ピクシブ文芸」という小説投稿サイトを作ったり、CAMPFIREさんと一緒に「エクソダス」という出版とクラウドファンディングを掛け合わせた会社を立ち上げたりしました。NewsPicksとの協業プロジェクト「NewsPicksアカデミア」では、箕輪くんNewsPicks bookのコンテンツを作って、自分がビジネスサイドを担当するという役割分担ですね。

それとは別に個人として趣味のサウナに特化した「サウナサロン」やNewsPicksの野村さんとビジネスパーソン向けの「風呂敷畳み人サロン」なんかを運営しています。

こういった新しい取り組みをしていくと、やっぱり今後は働き方というのは変わっていくなと。

神社:もう既に変わっていますよね。

設楽:実際に変わっています。箕輪君にはおよばないですが笑、僕のような普通のサラリーマンでもサロンでちょっと毎月収入が入ったり、風呂敷畳み人で配信してるラジオにスポンサーがついたりしています。

僕自身、このお金って何だろうなって思い始めてて。自分のお金や仕事に対する考え方が変化してきています。またそういった社外の活動で稼ぐだけではなく、その活動の人脈が幻冬舎での仕事に生きたりもしています。

オンラインサロンやっているからこそ、WEBメディアの編集長さんや作家さんなどからオンラインサロンを立ち上げたいという相談も来たりしますし。

なので、ブロックチェーンや仮想通貨じゃない所でも稼ぎ方が現実レベルで変わって来ていると実感しています。

enter image description here

あたらしい経済
( https://www.neweconomy.jp/ )

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたビジネスパーソン向けのWEBメディア。これからの「あたらしい時代」に向けた、幻冬舎の新規プロジェクト。今後オリジナルトークンの発行なども実施予定。

ブランドしか生き残らない世界で新しいメディアを考える

『あたらしい経済』は今のところ、雑誌のような有識者へのインタビュー記事や連載記事、毎日のニュースを音声配信するという2つのカテゴリがある。

前者は、出版社が運営するメディアとして考えれば、鉄板、必須とも言えるコンテンツだろう。

後者も、編集部の面々の経歴を知っていると、理解しやすい。Voicy配信者でありブロガーであるたっけ氏がいるので、Voicy配信者は2人。音声配信のノウハウがある編集部だ。

ただ、それだけで他の競合に勝てるメディアが作れるのか?と考えると、既存の仮想通貨メディアは気にもかけない位の優位性でしか無いように思える。

神社:仮想通貨に触れ始めたのはいつ位からだったのですか?

設楽:去年の始め位からですね。実際には、2−3年前から何度も買わなきゃいけないと思っていたんですが、忙しくて出来ていなかったです。

でも何度も買おうとしていた頃から感じていたのが、ちゃんとした信用出来るメディアを見つけるのが難しいな、という事です。

僕自身も昔アフィリエイトサイトをやっていたので、個人としては否定するわけでは無いですが、例えばそういうサイトで紹介されている「おすすめの取引所ランキング」は単純にアフィリエイトの金額が高い順番に並んでいることが多くてどうしたものかと感じていました。

またインフルエンサーの方が、スキャムのようなICOを宣伝している事例もあります。

もう少しひどい例は、Binanceへのリンク自体が、偽URLでフィッシング詐欺になっているような事もありました。

また、情報発信をしている方の属性も、技術寄りのテックの方、FX等から来た個人投資家の方、アフィリエイト寄りの方、と一部情報商材を扱う方とごちゃごちゃになっているような状態です。

その中で、幻冬舎という紙の本や雑誌を出版している会社であれば、信用あるメディアを作れるので…



via : https://www.coinjinja.com/blog/posts/2018/8/neweconomy-interview