新たな独自トークンの発行と独自経済圏とコモディディ

久しぶりの投稿となりましたが、よくICOするプロジェクトで議題に上がる「ETHで作ればいいじゃないか」ということに対して考えをまとめていきたいと思います。ちょくちょくTwitterで話題に挙がったりと議論の対象になったりするトピックですので考えてみたいと思います

Part 1 証券トークン(セキュリティートークン)

これはもうほとんど異論はないと思います。株券などをトークンとして表現して発行しようとするものです。過去には今は亡きDAO(The DAOという分散型投資ファンドのトークン)が、投資先の可否の投票だったりのためにトークンを発行してましたね。配当に準ずるような機能もありました。
これに加え、実際の株式会社の株をトークン化するような動きも出てきているようですね。

Part 2 独自経済圏のトークン

主にTwitterで議論が上がるのはここです。ちょっと前までICOをやるプロジェクトとかが氾濫したりして、中にはトークンもですが雑であったりして議論の対象になりました。
よく議論の対象になるのは、「本当にそのトークン発行する必要があるの?支払いのためだけに新たにトークン作る必要ある?ETH(BTC)で作ったほうがいいんじゃないの?」ということです。
これに近いことを以前ビットコイナー反省会のEnigmaの回でカナゴールドさんが述べていました。(資金調達した方がよりサスティナブルである。という点も納得)

  1. トークンがあってもうまく回るなら、ICOでトークンを新たに発行して資金調達するのはアリ

  2. トークンがあった方がうまく回る(成長する)なら、ICOでトークンを新たに発行するのはなお望ましい

この判断基準は非常に良いと思いました。では1に該当するものや2に該当するものを考えていきましょう。

1に該当するもの

これは配当オンリーのトークンとかそうかなあと思ってます。そのサービスで利益をそんな出す必要とかはないですが、まああっても悪くはないよねって…



via : https://www.udon.blog/entry/2018/08/19/110302