OSA DCは日本の小売業に革命を起こします

「苦あれば楽あり」ということわざで表されるように、人間万事塞翁が馬、日本の消費市場の特色やニーズの変化を理解する努力を続ければ、巡り巡って利益を得ることになるのではないでしょうか。日本人は伝統を従順に守りながら生活する静かな人種のように見られがちですが、日本経済は世界の先駆けを走る経済圏として世界で認識されています。約1億2500万人の人口を抱える日本は、GDPは世界3位で世界経済の約10%を占めています。経済産業省のレポートによると、2017年の商業販売額は約456兆円(卸売業約313兆円、小売業約143兆円)となりました。これまで数々のテクノロジーの発明が行われ、世界のハイテク製品の約25%を占めるまでに至りました。日本経済は大多数の中流階級の消費者によって今もなお牽引されていますが、進行する少子高齢化の経済への影響により、小売業は大きな変化を求められる状況に置かれています。

小売サービス提供における、過去の習慣

日本の消費者は世界の他の消費者と全く異なる存在です。彼らにはヨーロッパとアジアにおける購入者両方の独特な特徴が兼ね備わっています。10〜15年以上前、日本人の習慣(好み・考え方)は小売業界に大きく貢献していました。目新しいものを常に探し続ける彼らの姿勢が、ハイテクなガジェットの生産・ハイテク電子製品の購買を促しました。当時は秋葉原の地域を歩くだけで、この状況が分かるほどでした。日本の消費者は、アジアの消費者にみられる特徴ですが、ショッピングをエンターテインメントとして捉える傾向にあり、これが結果的に小規模な小売ひいては小売業界の活性化へとつながっています。幅広い価格幅の物を購入する意欲により、高価なブランドと100円ショップの両カテゴリが生き残る結果となりました。とりわけ日本人は高価なアイテムを選択する際、「高い質とサービス」を得るための追加費用を支払います。さらに、日本の消費者は地元のアイテムよりも、輸入製品を選ぶ確率が高いことも研究によりわかっています。良質な製品を提供する国内メーカーより、ヨーロッパのデザイナーによる高価な靴・ハンドバッグ・洋服などを購入することで、社会的な地位を示すことができました。またスイスの時計・フランス産のワイン・イタリアのパスタ等のように、「国を代表する製品は最高のものである」という一般論をよく支持することでも知られています。ある一部の人達にとっては、ハリウッド映画で頻繁に宣伝される人気マス・カルチャーの影響を受けて、憧れのものを手に入れたいという欲望を充足するための手段でした。

年月が経つにつれ、変化も同時に起こってきます。

しかし、消費者行動の変化に伴い、過去15年間の間に小売市場状況は著しい変化を遂げてきました。この間、ハイテクバブル、人々の購買力の変化、そしてミレニアム世代の出現など、消費志向に影響を与えたものは数多くありますが、ここで取り上げたいのは、「終身雇用制度」や正社員・非正規社員の間の格差をなくす活動が行われてきたことです。

結果的に人々の中で不安感が膨らみ、顕示的消費を控える人々が減り、逆に節約志向によってオンラインで安く購入したい人々が増えました。日本の電子商取引の市場サイズは、ここ5年で1.8倍にも成長しました。統計上でも、オンライン上の小売業界が目を見張るほどの成長を遂げていることが見て取れます。

  • 2017年のB-to-C電子商取引の市場規模は16.5兆円 (前年比: 9.1%増) で、EC化率は5.79%でした。
  • 2017年のネットオークション市場規模は1兆1200億円 (前年比: 3.2%増)、フリマアプリの市場規模は4835億円(前年比: 58.4%増)でした。

既にご存知かもしれませんが、2017年のAmazonの日本国内での売上高は、1兆3335億円(前年比:10.3%) となりました。またオンラインチャネルの成長とともに、チャット取引・ ライブ取引等、オンラインチャンネルの多様化がみられるようになりました。これらの変化によって、小売業者はオムニチャネル対応と、そのための在庫管理に数多くの課題を抱えています。小売業者への負担を更に大きくするかのように、日本におけるスーパーマーケットの利益幅は0〜5%で、従業員の賃金上昇や宣伝広告費にお金をかけることが難しくなっています。

新しいミレニアム世代の出現が、物質主義の消費者世界から足を遠ざけ、思いつきの買い物よりも充実したライフスタイルへと消費の的をシフトさせました。ミレニアム世代は製品よりもサービスやテクノロジーにお金を使う傾向があります。これらの新しいトレンドによって、過剰在庫・過小在庫の問題が表面化してきました。需要と供給のミスマッチが発生している製品は、小売業者の売上に直結します。これが製品戦略において、長期に継続する混沌を招くことは言うまでもありません。

この混沌に関しては、2015年に食料廃棄物の量が約2842万トンがあったことから判断することができそうです。特に、まだ食べられる状態の食品廃棄物の量は約646万トンにも登り、その半分以上は消費者が購入する前に廃棄されたものでした。この問題は国連採用の開発目標”SDGs” (エスディージーズ:持続可能な開発目標/Sustainable Development Goals) のアジェンダに取り上げられました。また増加する買い物コストは、電子商取引の発展・成長にも貢献しています。この5年間で日本における送料の総額は25.19%まで増加した一方、配送の量は18%伸びました。

OSA DCによるブロックチェーン技術と結合されたAIリアルタイムデータ分析・処理は、戦略とキャッシュフロー計画に高い効率性をもたらします。これにより同時に担保の浪費を排除し、消費者流入と残留の機会の増加、さらに投資水準における高利回りの実現も叶います。プラットフォームの見積もりは、伝統的な小売業社とトークン報酬プログラムの影響を受けたオンライン小売業社の特徴を組み合わせているため、オンライン小売業社にとって魅力的な代替物です。

OSA DCは全ての関係者に解決策を提供します。販売会社や製造業者にとって、それは改良された製品陳列と検証をもたらし、規定の商品価格と陳列の基準により小売業者へコンプライアンスを与えます。OSAの解決策は、製品戦略の需要に対する合致を保証するためデータ処理を強化し、従って余分な製品の保管・輸送における追加費用、過少在庫の場合の金銭的喪失を排除します。

小売業者は忠実な消費者(ならびに消費者全体の数)の増加、コスト最適化と…



via : https://www.coinjinja.com/blog/posts/2018/8/OSADC-pr1