時代の先端へ: AIとブロックチェーンが変える医療システム

Nikkei Asian Reviewによれば、日本政府は企業や研究者コミュニティーと連携し、人工知能(AI)を活用した病院の建設を目指すと発表しました。日本政府は医師の人手不足解消、医療スタッフの負担軽減、および医療コストの削減にAIを活用していく計画です。

ハイテク技術はどのようにして既存の医療システムを変革し、改善していくのでしょうか? 医療分野では、これまでより患者にフォーカスした医療の提供、医療サービスの質の向上、そして医師の知識のアップデートを目的にハイテク技術が広く活用されています。技術のもたらす最大の恩恵は、コスト削減と時間短縮です。

AI:理論から実践へ

AIは4つの分野で成果を上げています:
 

1.ロボットを使った手術

認知手術ロボティクスは外科手術中、患者の個人データに基づいて的確な道具を選択できるため、手術時間の短縮に役立っています。DaVinciサージカルシステムは小型マニピュレーターと高解像度3Dカメラを備えており、手術中の出血と組織の損傷を最小限にとどめることができ、術後の回復期間の大幅な短縮を実現します。
 

2. 業務ワークフローの自動化

これは多量のデータ処理とタスクの優先順位設定をサポートし、医薬品の処方や分析結果の解釈といったルーチンワークの時間短縮につながるソリューションです。クリーブランドクリニックでは何千件もの医療文書をすばやく分析して医師の意思決定をサポートできるよう、質疑応答コンピューターシステムのIBM Watsonを活用しています。
 

3.新薬開発

AIは膨大な医療情報をもとに、薬物開発に使える分子を特定することができます。これにより製薬会社は、これまでより素早くかつ低コストで新薬を製造できます。サンフランシスコの専門家が開発したAIシステムのAtomNetは、新薬の合成を支援するAIです。すでにAtomNetを活用し、多発性硬化症やエボラウイルス用の薬を開発した事例があります。
 

4.看護師に代わる仮想アシスタントの活用

これを利用することで患者は通院回数を減らしつつ医療スタッフと連絡を取ることができます。同時にヒューマンエラーの確率を下げ、治療効率アップにつながります。例えば、アバターを使った医療補助アプリケーションのSenselyは、症状の説明、薬の服用の通知、そして患者と医師のコミュニケーションに活用されています。

最先端を切り開く

AIがもたらす幅広い可能性を見越して、日本の研究者、科学者、そして医師がチームを組み、AIを

via : https://www.coinjinja.com/blog/posts/2018/8/stemcell-pr