イーサリアムブロックチェーンで建てる分権型都市―ひと足先に暗号区画をゲットしよう!

MegaCryptoPolisはスマート・コントラクトを基盤とした新しいゲームです。Ethereum blockchainで分権型都市を建設する機会を、世界中のプレーヤーに提供しています。

描写が豊かで生き生きとしたHTML5の技術と、Ethereum blockchainの革命的な融合によって、プレーヤーによって所有され、プレーヤーのデジタルウォレットに蓄えられているゲーム資産の安全な運営とともに、全てのブラウザや携帯型デバイスの中で唯一無二の持続的なゲーム体験をすることができます。

ゲーム開始後、プレーヤーは分権型都市の地図上で、インフルエンスポイントを発生させる建物を建設するための区画を入手しています。それからほぼ毎日、インフルエンスポイントを直接Etherと交換するか、スマートコントラクトから撤退することができます。

すべての土地区画は代用貨幣ERC-701 であり、これは他の全ての暗号通貨と同様に、転送したり取引したりすることが出来ます。販売中の全てのブロックを世界地図上で示す統合的な市場があるので、どのプレーヤーも全ての取引に対して簡単にアクセスできます。

資産の価値は、大抵がその付近に何が建っているかによって変わります。例えば、商業地区のそばの住宅は、工場施設に近い住宅よりも多くのポイントを生みだします。

土地ブロックの価格上昇は、MegaCryptoPolisのスマートコントラクト内で決め打ちされます。

誰かが余っている土地ブロックを購入するたびに スマートコントラクトがその周りの7×7エリア内の土地ブロックの価格を上昇させます。購入価格の一部は、7×7エリア内の全ての所有者に配分されます。これはEtherで土地ブロックを習得することで、周りの余っている土地が売却されると、その土地からの収入を得られるようになるということを意味します。

区画の最初の最小価格は0.01 ETHから始まっており、これは概念上の7×7エリア内の付近のブロックが売却されると、100 ETHになるように決め打ちされています。

最初の区画の価格を定義するために土地を習得し、その中の全ての競売から分配収益を得よう。

全ての土地区画は、その区画を売るため、所有者を持つ土地に含まれています。土地所有権はオークションの間に前もって売られます。土地所有者は最初の土地区画の価格を設定し、地域内の全ての競売から分配収益を得ることができます。
2018.08.24 10:29



via : https://www.coinjinja.com/blog/posts/2018/8/MegaCryptoPolis-pr