Polkadotとは | ブロックチェーン間をつなぐ Web3プロジェクト

Polkadotとは

ICOを実施しているPolkadotは「Web3」という団体の最初のプロジェクトです。

Web3は Gavin Wood氏(EthereumをVitalikと共に開発した)が中心となっている団体で「サーバーのない、分散したweb」をVisionに掲げています。いわゆるWebの次世代規格を構想しています。

分散型のwebソフトウェアプロトコル上でのアプリケーションを作ることが目的ですが、特に最新の暗号学を用いて分散化を保護することに注力しています。

(ちなみにPolkadotは英語で水玉模様の意味)

 

 

 

Web3の活動およびPolkadotについてはGavin自身の動画で語っているので、見てみてください。

youtu.be

今度この内容も少し説明しようと思っています。

 

今回はmediumの記事を和訳しました。そのあと自分の解釈をすこし補足しています。

 

Polkadot is coming…

――

 

我々は今日までたくさんのブロックチェーンとその関連プロジェクトが形になっていくのを目撃してきました。中には、とても機能的でEthereumのようにオープンなものもあれば、一方でZcashのように非常にプライバシー性の高いものまであります。他には、企業の制限条件を満たしてプライベートに運営するために設計されたものも出てきています。

未来には、多種多様なブロックチェーンがそれぞれの特有の、そして1つのことに特化したような状況になるでしょう。現在は、これらのブロックチェーンネットワークは隔離されていて、何もコミュニケーションを取らず、相互運用性(interoperability)もありません。これは課題であり、安全にトラストレスな経済圏を作って当たり前にしていくためには、対処すべき課題といえます。

ポルカドットはブロックチェーンをつなぐネットワークであり、様々なブロックチェーンがメッセージのやり取りをできるようになります。

 

これはものすごく重要なことで、Web3の新しいエコシステムを作るのに大きな役割を果たします。

分散化されたアプリケーション(decentralized appsでDappsとよく言われる)がある世界において、相互やりとりするブロックチェーンは、Dappsに大きな可能性が与えます。(つまりDappが使われる幅が広がるためです。)

privateとpublicのネットワークとオラクル(現実世界からデータをとりブロックチェーンとやりとりをする部分)は素晴らしい分散化サービスを提供するでしょう。

 

f:id:CoffeeTimes:20171024235830p:plain

But How?

セキュリティは、Polkadotのエコシステム内にプールされます。これは何かというと、個別のチェーンが最初にトラクション(牽引力)や信頼を得ることなしに “集団安全保障” を利用することができます。

 

Polkadotはさらに、個別ブロックチェーンがもつスケーラビリティ問題を緩和することもできます。並列にトランザクションを走らせることで、それらをパラチェーンとして一度に取引をしてしまうことができます。(parachain)

我々は、2018.08.16 03:21



via : https://coffeetimes.hatenadiary.jp/entry/2017/10/25/000357