OSAが新しいAIソリューションで小売業を革新する方法とは

あなたは朝早く起きると、チーズトースト、コーヒーとオレンジジュースの朝食を食べる強い衝動で頭がいっぱいになりました。急いで着替えて、近くの店にお気に入りのブランドのチーズスプレッドを買いに行きます。しかしどの店へ行っても欲しいものが棚においてなかったため、数多くのお店を訪れた後に、最終的にこの製品がどの店の棚にも無いために自分の願いが実現しないことに思い至りました。結局食べたいと思ったものを食べることができませんでした。

なんというひどい失望感でしょう!— 「このイライラする状況は皆さんにもなじみ深いと思います。そしてこれが私のストーリーの始まりでした。」

とOSA DCの価値創造リーダー、Valentin Ovechkin (ヴァレンティン・オヴェーチキン) は彼の会社の歴史と成功の秘密に関する驚くべき事実を共有しながら、語ってくれました。

小売業者と購入者は泣いている

私達が2014年にECRロシアの支援を受けた背景には、店頭の棚に在庫が無く、商品が不足していた問題と、結果として生じるそれに呼応した売り上げの損失を憂慮したという背景があります。小売業において、ネットワーク対応業者のシェアが増加するトレンドにより、総売上高の驚異的な増加を引き起こすことも話し合われました。

Statistaの予測によると、2020年の世界全体の小売売上高は27.73兆ドルに達するとされています。これは消費者に必要な量の製品を提供する責任を負う企業にとって、より多くの課題をもたらすものです。

この重大な問題は、消費者の心理に深刻な影響を及ぼします。買い手の心理的特徴によって一層深刻になります。EPCGlobalが実施した調査によると、では、必要な商品を探しているが見つけられなかった平均的な消費者は、2度と店舗には戻ってこないことがわかりました。

この結論は、これはつまり、小売業者には消費者をつなぎとめる2度目のチャンスが無いことを意味します。彼らは事前に十分に準備しなければなりません。

一般的に、商品の在庫状況の問題は2つのパターンが存在します。

  1. 製品が棚から無くなってしまったが、店の保管庫には存在する、いわゆるラストマイルの場合

  2. 商品が店の会計システムに記載されているが、実際には店舗内に商品が存在しない、バーチャルドレインと呼ばれる場合

しかし、消費者が失望する理由はこれだけではありません。これらが買い手を失望させ続ける唯一の理由ではありません。さらに言えば、小売業者では、次のように消費者にとっては非常に大切だけれども放置されているようなことが存在します。

  1. 商品に価格タグがない(購入者の3分の1以上は価格が不明な店では商品を購入しません)

  2. 期限切れまたは適切な演出の欠如(棚割り)

  3. 店舗内の適性在庫の欠如やサプライチェーンにおけるサービスレベル(SLA合意)違反に起因する店舗内の商品不足

  4. 低レベルのマーチャンダイジング:商品の場所が分かりにくく、購入者が必要な商品などを見つけることが出来ない

現代の小売業界におけるこれらの問題やその他の課題を分析した結果、私たちは「技術革命の始まり」を迎える時は熟したと判断しました。

OSA DCが最良の改善方法です

これらの考えを念頭に3年ほど前から、私たちのチームはあらゆる規模の店舗においてで商品を管理し、欠品がないかどうかをオンタイムに判断できるするイノベーティブな商品管理ソフトウェア製品の開発を始めました。

私達はこの製品に我々は中心的なメカニズムとして2つの特別な指標を実装しました。最適在庫インジケータ (OSAは後に私たちのエコシステムの名称として選ばれました)は、店内の棚にある商品の存在を管理できたり、在庫切れを検知することができます。

JTI、L’Oreal、Efes、Danone、Coca-Colaなどの世界最大のメーカーと、Perekrestok Trading Network (500以上の小売店舗との取引実績を持つX5 Retail Group NVの傘下企業)と共同で、センセーショナルなリアルタイムサービスOSAを…



via : https://www.coinjinja.com/blog/posts/2018/8/OSADC-pr3