Asian Fintech (Afin) の新技術 : 相互ブロックチェーン

Asian Fintech (Afin) は様々な企業家や企業向けにビジネスプラットフォームを提供し、ブロックチェーンプラットフォーム上で、それぞれの分野のビジネスプラットフォーム用のアプリケーションを提供いたしております。

事業計画概要

Asian Fintech (Afin) は様々な企業家や企業向けにビジネスプラットフォームを提供し、ブロックチェーンプラットフォーム上で、それぞれの分野のビジネスプラットフォーム用のアプリケーションを提供いたしております。Afinは「Afinオンラインプラットフォーム」により、企業家と世界中の企業との間で交わされる取引や交渉を促進し、コネクティビティーを向上させ、精度の高い最新の情報とデータをスピードをもって提供する予定です。
Afinは、弊社とパートナー様のビジネスの拡大と多様化を図るためにブロックチェーン技術を取り入れています。売手にとっても買手にとっても費用対効果や利便性の高い技術です。そのデジタル世界を支えるため、取引で用いる第一の媒体として、Afinの通貨をご用意しました。Afinは主要なブロックチェーンシステム、および、Afinコインと呼ぶトークンベースのイーサリアムERC20を使用します。コイン保有者が当取引市場で使用したり取引を行なう主要トークンがAfinコインです。

しかし、送金時に取引が発生するので、市場に出ている他のトークンと同じ問題を抱えています。価格変動性、送金・承認スピード、高い手数料といった問題です。そこで、Afinはステラープロトコル上でブロックチェーンを用いた特別なトークンを作りました。Afin-Sの名でAfinと平行して利用される予定です。送金手数料やスピードという点で効率的なトークンです。価値が固定ないしほぼ固定されるステーブルトークンなので、仮想通貨を利用する際に起きる価格変動性の問題が解決されます。一般的な市場ではAfinコイン保有者はAfin-Sを利用し、利便性と効率性を最大化するためにAfinブロックチェーンシステムで取引を行なうことができます。

問題点と課題点

「相互ブロックチェーン体系」である当ブロックチェーン技術は、新旧問わず金融システムを高揚させ、革命とディスラプションをもたらす可能性を秘めたデジタル通貨を支えるインフラです [1,2]。金融取引の記録を残し証明するために、分散化を図ったビジネス資産台帳です。しかし、一般人が日常生活で価値の交換を行なうための標準的デジタル通貨は未だに存在しません。一般・大衆消費者を引き付ける魅力に欠け、また、既存の金融取引を置き換えるのに十分な構造的キャパシティーや能力が足りていないからです。さらに、デジタル通貨で市場から購入できる商品やサービスは非常に限られています。デジタル通貨に関わる投資家がデジタル取引の在り方に当惑しているのが現状です。

その結果、デジタル通貨プラットフォームや分散型金融ソリューションはいまだに深刻な課題を抱えており、依然として集中型ソリューションの金融システムが金融市場で中心的役割を果たしています。Afinはデジタル通貨に関するそのような課題を克服し、ブロックチェーン技術インフラにより、手軽に交換できるデジタル通貨の価値・情報を提供いたします。

はじめに

流動的なビジネス環境の時代ですが、技術の進展により投資の機会が強力に加速された今、急速な変革を迎えるこのデジタル世界を、大いに活用するときが来ました。Asian Fintech (Afin) は現在、この技術の時代における世界の市場状況に即した多様なビジネス戦略を武器とする、高い潜在的利益を持ったアジアの企業集団や企業家と提携を行っております。Afinはシンガポールの金融中心地であるマリーナベイに本社を置いています。シンガポールはアジアの虎、そして全アジアの金融ハブとして…



via : https://www.coinjinja.com/blog/posts/2018/8/sponsored-Afin