「名前はボンド、トークンボンドだ」:19年はなぜトークンボンドの年になり得るのか

ICOの勢いを失う中、デジタル資産取引所は、セキュリティー・トークン・オファリング(STO)と仮想通貨ボンドが次の大きな流れになると語る。 #SPONSORED



via : https://jp.cointelegraph.com/news/the-names-bond-token-bond-why-2019-could-be-its-year