【20ヶ国総チェック】G20各国の仮想通貨に対する見解まとめ

G20においての仮想通貨の国際的な規制はまだ設けないというニュースを受けて相場が好転していますね。

さて、G20会議に参加した各国の仮想通貨に対する対応方針をまとめました。

1.アルゼンチン

アルゼンチンはG20会議を主催しビットコインを採用した一番早い国家のひとつです。アルゼンチンの規制当局は仮想通貨による革新を奨励していく方向です。アルゼンチンはビットコインの先物取引を提供する計画をしています。

現時点での見解:規制なし(肯定)

2.オーストラリア

オーストラリアは具体的な規定はないですが適切な規制方法を模索しています。しかし、当局は仮想通貨の透明性と記録を強化するためAML法律を改定しました。従って仮想通貨(Digital Currency)を取り扱う取引所はプラットフォームで行われるすべての取引内容を公開しなければなりません。

現時点での見解:政府規制に対する包括的な規定はまだだがAML及び仮想通貨の取引に透明性を重んじて政策を立てていく。(肯定)

3.ブラジル

ブラジル政府は初めから仮想通貨に対し否定的な態度を見せていました。適切な規制を調査中ですが、その間は仮想通貨に対する投資を禁止するつもりです。

現時点での見解:金融資産として認識はなく直接投資を禁止(否定)

4.カナダ

カナダはブロックチェーンの推進国です。カナダ中央銀行は国家が支援する仮想通貨の可能性を考えています。しかし、不法活動に対しては厳重な監視をしています。

現時点での見解:仮想通貨に課税(肯定)

5.中国

中国はブロックチェーンと仮想通貨に対し興味を持っています。一方で一番厳重に規制し統制されているマーケットのひとつです。中国は長期的に見守る必要があります。

現時点での見解:仮想通貨の取引は禁止され、ICOも禁止(否定)

6.EU(ヨーロッパ連合)

現在、国別に規制が論議されていますが、EU規制当局はEU全体の規制の可能性を論議しました。

現時点での見解:テロ資金調達を防止するためより厳重な規制に同意(中立)

7.フランス

フランスは仮想通貨の規制に対する国際協力を訴えています。また、彼らは脱税との闘いに重んじて仮想通貨の規定を準備しています。ICOの合法化を推進していきます。

現時点での見解:今までは規定がなかったが規制を準備(中立)

8.ドイツ

ドイツはG20会議で仮想通貨論議を推進する中核です。ヨーロッパをブロックチェーン及び仮想通貨開発のハブとして考えているように感じます。また規制は国際的な同意、調整が必要だと思っています。

現時点での見解:仮想通貨は合法的な金融商品であり課税対象であるが追加的なライセンス及び許可が必要だと考えている。(肯定)

<...



via : https://www.coinjinja.com/blog/posts/2018/3/g20-opinions-by-country