SBIグループが仮想通貨ウォレット開発会社へ1500万ドルの出資

国内金融大手のSBIグループが先日、仮想通貨コールドウォレット開発を行うSmartCash社に1,500万ドルの出資を行ったことをホームページ上で発表した。同社はスイスに本拠地を置き、Tangem Notesという製品を開発している。



via : https://coinotaku.com/?p=28819