NEMの2つの特徴 | そしてそのブロックチェーンは、世の中を変えていけるか #NEM(XEM)

 NEMの良い点にフォーカスし単純にして書こうと思ったのが動機である。最近では知名度があがり、さらに日本では熱心なコミュニティのおかげで、加熱と思えるほどの盛り上がりを見せている。しかし未だに価格に対する情報が先行し、創り出そうとしている未来や、それを可能とする技術と思想について書かれることがあまりに少ない。

そこで基礎的な情報から、2017年10月時点で新しい情報についても書いてみたので、お時間のある際に読んで頂きたい。

 

さて端的にいうと、NEMの良さ・特徴とは、ブロックチェーンインフラとして、

1)セキュア、2)簡単という点である。

 

(前提として、NEMはゼロから100%新しいコードで書かれている。既存プロジェクトのフォークではない。NEMが生まれる前、一般的にブロックチェーン上での実装は難しいものであり、ブロックチェーンはどうあるべきかを3人のCore developersたちは考えた結果、ゼロからコードを書き始めることに決めた。それゆえ今日では他のブロックチェーンとは一線画す利点を持っている。もちろん開発者たちが優秀だからでもある。)

 

セキュア

NEMはセキュリティが優れていると一般的に言われている。価値のインターネットと称され、インターネットの上に資産情報が載る仮想通貨では、セキュリティの重要性はいくら強調してもしすぎることはないだろう。

NEMでは、EigenTrust++というノードの重要性の決めるためのアルゴリズムを採用しており、ネットワークのセキュリティを強くしている。さらに局部的スパム防止の手法を用いており、ネットワークの処理能力が限界になったときに、スパムを試みるノードのみをシャットダウンさせることができる。これらは他の暗号通貨にはないNEM独自の特徴だと言える。

さらにNEMは2層構造の設計がされているため、ウォレットを使いたいとき、ノードやブロックチェーンのコピー・同期を必要としない。ノードに接続しさえすれば、すべての機能をセキュアに使うことができる。

 

さらに2016年6月のTheDAO事件以来、「全てのスマートコントラクトはブロックチェーン上に置かれるべきではない」という思想に自信をもっているようである。

Ethereumではスマートコントラクトを自分自身ですべて書かないといけないし、それは開発者でないとできない、しかも正しくスマートコントラクトをプログラムとして書くことは非常に難しいことだ。

(それでもEthereumはものすごい発明だし、批判しているわけではない。Ethereumもものすごい数のEIP(改善提案)が議論されていて今後よりよくなっていくはずだし、多用途で柔軟性の観点で言えば間違いなくNEMを凌ぐ。)

Nem.ioVPを務めるJeff氏も、「Ethereumは大好きで将来性もあり素晴らしいが、扱いが難しいため、テストや成長に時間を要すると思う。一方NEMはもう準備ができていて実用フェーズにある」と言う。

 

それではそんなセキュアなノードたちを構築するインセンティブは何かと疑問に思う人もいるかもしれないが、そのインセンティブこそSuper nodeプログラムだ。帯域等の基準を満たした “良いノード” に対し、毎日報酬が支払われる。この資金はnem発足当初にSN用としてリザーブされていた。
将来このスーパーノードの報酬源が尽きた時はどうするのか?という議論は現在もされていて、財団から新たに支払われるとか、その頃には取引量が多く取引手数料でまかなえるだろう、など、いくつかの案が出されている。
(ちなみにこのスーパーノードを代行で行う “マスターノードバンク”というサービスも出ている。
https://www.masternodebank.com/)

 

またこれは参考であるが、ある調査結果がセキュリティの堅牢性を示した。

画像:

f:id:CoffeeTimes:20171008210100p:plain

 

これは中国の非営利団体サイバーセキュリティセンタ:China Certの調査である。

この調査では赤色が深刻な問題、青色が問題を示しているが、NEMは注目に値する結果を出している。赤色はなく、青色の問題も他のプロジェクトと比べて少ない。毎1000行のコードのうちバグは0.28とトップクラスを誇る。

もちろんこの調査がすべてのプロジェクトを対象としているわけでなく、これが結論を言うには早すぎるが、高い堅牢性を証明する1つの例である。実際に(今のところ)致命的な問題で障害を起こしたことはない。

この理由はCore Developersたちがテストを頻繁に行っているからだと彼らは言う。モバイルウォレットはwebサイト上でSoonと表記されてから1年ほどの年月が経ってやっとリリースされるほど長引くこともあるが、その分時間をかけてテストしている。だから出したものは安定…



via : https://coffeetimes.hatenadiary.jp/entry/2017/10/08/214804