大麻ビジネス「納税問題」を仮想通貨で解決|カリフォルニア州議会議員が法案を提出

アメリカ・カリフォルニア州議会議員であるPhil Ting(フィル・ティン)氏は、大麻関連の事業にかかる税金の支払い方法として米ドル(USD)と価値が連動する安定仮想通貨(ステーブルコイン)を選択することができる法案を発 […]



via : https://bittimes.net/news/49830.html