偽のエアドロップに参加させられた?グーグル、仮想通貨ユーザー標的のマルウェアをクロームから削除

グーグルのウェブブラウザー「クローム」の機能拡張の中に、中国の仮想通貨取引所フォビにある偽のエアドロップに参加させるものがあり、公式ウェブストアから削除する前に200人以上の被害者がいたことが明らかになった。セキュリティ研究者ハリー・デンリー氏が3月14日のブログ記事で報告した。



via : https://jp.cointelegraph.com/news/google-deletes-crypto-malware-targeting-blockchaincom-myetherwallet-users