自称サトシ・ナカモトのクレイグ・ライト 仮想通貨・ブロックチェーン関連で申請中の特許数が明らかに

仮想通貨ビットコイン(BTC)の生みの親サトシ・ナカモトを自称するオーストラリアのコンピューター科学者、クレイグ・ライト氏は、2017年以来114件のブロックチェーン関連特許を出願したという。特許出願を世界知的所有権機関(WIPO)が情報を公開しており、特許権が認めるられるかどうかは、WIPOの判断次第という。



via : https://jp.cointelegraph.com/news/tnw-craig-wright-filed-114-blockchain-related-patents-since-2017