米仮想通貨関連のロビー活動、フィンテック全体の半数以上| マスターカード、コインベース、リップルなど含まれる

米国における今年第1四半期のロビー活動で、フィンテック関連では企業の半数以上が仮想通貨・ブロックチェーンに関するロビー活動をしていた。政治系ニュースサイト、ロール・コールが4月30日に報じた。フィンテック系のロビー活動全体では4200万ドル(約46億円)以上が使われたという。



via : https://jp.cointelegraph.com/news/80-firms-including-mastercard-coinbase-spent-42-mln-lobbying-crypto-fintech-issues-in-q1