リップルCEO、「xCurrentはSWIFT2.0」と発言 |IMFラガルド専務理事ら参加のパネルで仮想通貨XRPの優位性も解説

リップル社のブラッド・ガーリングハウスCEOが17日にスイス国立銀行主催のカンファレンスに登場し、既存のクロスボーダー(国をまたいだ)送金システムに対するブロックチェーンやXRPの優位性を主張した。ガーリングハウス氏は民間企業からの唯一の参加者と見られており、同氏のパネルにはIMF(国際通貨基金)のラガルド専務理事をはじめ多くの金融機関関係者が多く集まった。



via : https://jp.cointelegraph.com/news/ripples-ceo-speaks-about-the-advantages-of-ripple-and-xrp-in-cross-border-remittance-market-in-front-of-imfs-lagarde