USDC (USD Coin)について

f:id:CoffeeTimes:20190526071636p:plain

 

Circleは、インターネット上のFiat Moneyの新しいオープンスタンダードを目指して、Coinbaseと共同でCENTRE コンソーシアム を発足し、USDCを発行しました。

少しCiecleとスペルが似ていますが、CENTREはあくまで別組織で、Circleが中心となっています。

USDCは1週間に9000回以上のチェーン取引され、1週間に$500million(約600億円)以上のオンチェーン送金がされ、3ヶ月で1.9億ドルを超えるオンチェーンのUSDC支払いがされています。

 

また発行数は最近でも増えており、時価総額は$ 300 Millionを超えたと2019年1月初旬からアナウンス 1がありました。

 

価格を一定に保つメカニズムとして、アルゴリズム型、暗号通貨担保型、法定通貨担保型などがありうますが、USDCは法定通貨(ドル)を担保にしたステーブルコインで、Ethereumチェーン上にERC20として発行されています。

(参考:ちなみにUSDCのコントラクトのアップグレードの特徴はこちらにまとめられています。)

 

USDC ローンチの理由

ステーブルコインは多くありますが、なぜCircleはCENTREをつくりステーブルコインを作ったのか、その戦略の部分は創業者 Jeremy Allaire 氏が以下の動画で12:40~あたりからステーブルコインの戦略を語っています。The Tokenization of Everything, MoneyConf Dublin 1

簡単にいうと、あらゆるものがトークン化されると予想し、その先回りのために法定通貨建てのクリプトが必要という理由です。トークン化された証券、ローン、資産などの金融商品を使ったり支払ったりできる法定通貨と紐付いたスマートコントラクトでプログラム可能な通貨です。

 

 

2019.05.26 16:17



via : https://coffeetimes.hatenadiary.jp/entry/2019/05/26/071724