【API連携】Zaif/ザイフとAPI連携する方法 – 画像付きで分かりやすい!

もし、多数の仮想通貨取引所で取引を行っている方々はこの記事に注目してください。

多数の取引所の資産を一目で管理できる機能が今から説明するAPI連携機能です。

一回だけ各取引所と連携しておくと、取引や資産管理がスピーディーにできますので是非、API連携をお試しください。

Zaif(ザイフ)とは?

Zaif運営元はテックビューロという会社です。2018年取引所に不正アクセスにより約70億円の仮想通貨流出被害を受けました。

テックビューロはこの事件によりJASDAQ上場企業であるフィスコグループのフィスコ仮想通貨取引所へZaifの事業を譲渡することを決めている状態です。

Zaifの取り扱い銘柄はビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・ネム(XEM)・ビットコインキャッシュ(BCH)・モナコイン(MONA)です。

人気の高い仮想通貨をたくさん揃えていますので、投資選択肢が多いというメリットがあります。

APIとは

仮想通貨取引所が公開しているAPIは取引所によって若干異なりますが、主に参照・取引・出金の3つの機能を公開しています。

※コイン相場では万が一の危険性を配慮し、参照・取引のみのAPIに対応しています。絶対に出金(withdrow)のチェックは付けないようご注意下さい。

※セキュリティの観点からコイン相場はサーバーレスアーキテクチャー(後ほど解説)を採用しています。

コイン相場アプリと各取引所のAPI連携した際の長所

1.多数の取引所にアクセスする必要がなくなる。

2.資産が円で表記されるので資産管理及びドル(USD)取引になれていないユーザーは取引の判断が早くなる。  

など

コイン相場とは

ポートフォリオ、ウォレット、仮想通貨ニュース、チャート価格アラート、相場ランキング、dApps、税金計算など”便利”で”楽しい”機能が充実した仮想通貨のオールインアプリです。

現在50万ダウンロードを記録しており、国内有数の人気アプリとなっています。

API連携によりポートフォリオの自動連携、ひとつのアプリから複数の取引所での取引、取引所トークンの自動取引が可能です。

▶︎App Store

▶︎Android

API連携 対応取引所(取引)



via : https://www.coinjinja.com/blog/posts/2019/5/api-zaif