【G20レポート】BEPS枠組みで「2つの柱の作業計画」を承認|2020年に最終報告書

8、9日に開催されたG20財務相・中央銀行総裁会議の主要論点の一つとして話し合われたデジタル課税で、BEPS包摂的枠組みで策定された2つの柱からなる作業計画が承認された。各国は2020年までに最終報告書による解決策の取り組みを強化し、特に最低税率を決定する方向性で一致した。



via : https://jp.cointelegraph.com/news/g20-country-leaders-agree-on-digital-taxation-schedule