ビットコイン購入なら手数料が明瞭で 使いやすいHuobi (フォビ)がおすすめ!

Huobi Japanは、世界で展開する大手仮想通貨企業Huobiが2019年1月にオープンした日本の取引所です。(フォビジャパン株式会社、https://www.huobi.co.jp/

Huobi Japanは金融庁に正式に登録されている仮想通貨交換業者で、2013年の本社(Huobi Global)設立以降培ってきた堅牢なセキュリティも特徴です。

2019年になって再び注目が集まり、ビットコインに関心のある方が増えてきました。「ビットコインを購入したいけど、どの取引所を選べばいいか分からない」という初心者の方も多いと思います。

この記事では、初心者にも利用しやすい仮想通貨取引所Huobi(フォビ)の特徴をご紹介します。

Huobi(フォビ)は日本円の入金がスムーズ

ビットコインを購入するには、取引所に口座開設をした後、銀行から日本円を入金する必要があります。

Huobi(フォビ)では、通常の銀行振込のほかに、入金手数料無料で通常手続きから2~3時間で反映されるクイック入金を選ぶことができます。

※クイック入金の手順:「アカウントメニュー→クイック入金」

アカウントメニューから入金をクリックし、「入金したい通貨」で「JPY 日本円」を選びます。銀行振込とクイック入金のうち、「クイック入金」を選択しましょう。対応金融機関のインターネットバンキング経由で振込手続きができます。

金融機関の営業時間外でも入金ができるという点も便利です。クイック入金は振込手数料も無料なので、対応する銀行口座を持っている方なら手軽に利用できます。

ビットコインの売買手数料が無料

続いて、実際にビットコインを購入する際に発生する「手数料」です。

Huobi(フォビ)は日本円とビットコインの交換にかかる手数料が無料なので、取引による手数料負けの心配がありません。

また、販売所のように隠れた手数料(スプレッド)を支払うこともないため、市場の適正価格で売買することが可能です。

仮想通貨取引にかかる手数料

仮想通貨取引所には大きく分けて「販売所」と「取引所」の2つがあります。それぞれの手数料システムの特徴を見ていきましょう。

販売所は「スプレッド」が手数料

販売所は、仮想通貨取引所から仮想通貨を売買する仕組みです。ユーザーは、販売所から提示された「購入価格」「売却価格」で取引することができます。

この価格差がスプレッド(手数料)となり、相場の状況にもよりますが、数%の差がつくこともあります。

販売所で仮想通貨を購入する方も多いですが、スプレッドで利益が飛んでしまうこともあるので注意しましょう。

また、販売所が向いているケースもあります。多少のスプレッドを無視してでも今すぐ購入したい場合、多額の資金をスムーズに仮想通貨に換えたい場合は、販売所をうまく活用できるでしょう。

取引所は手数料率が明瞭

取引所は、ユーザー同士が仮想通貨の売買を行なう仕組みです。株式取引などと同じ「注文板方式」を採用しており、価格を指定する指値注文、価格を指定せずに注文する成行注文など、販売所には無い方法で売買注文ができます。

取引所では、1取引毎に取引手数料が発生します。取引所によってさまざまですが、通貨ペアや約定金額ごとに手数…



via : https://www.coinjinja.com/blog/posts/2019/5/huobi-japan-pr-4