ビザ、分散型台帳技術「ハイパーレジャー」を一部採用したクロスボーダー決済システムを構築

決済サービス大手ビザは、ブロックチェーン技術を一部採用したクロスボーダー決済システム「ビザ・B2B・コネクト」を構築した。ビザ・B2B・コネクトは、企業と受取人との間で直接銀行間取引を可能にすることで、従来仲介銀行を必要としてきた小規模な銀行を含め、世界中の金融機関によるクロスボーダー決済を簡素化するよう設計されているという。



via : https://jp.cointelegraph.com/news/visa-launches-global-cross-border-network-based-on-certain-aspects-of-blockchain