「全ての”監視”が悪い訳ではない」米教授、監視資本主義とプライバシー議論で見解

米ハーバード大学ロースクールのローレンス・レッシグ教授は24日、The New Context Conference 2019 Tokyoで米国で議論になっている「監視資本主義(Surveillance Capitalism)」について基調講演を行い、大企業による全ての「監視」が悪いというわけではないという見解を示した。



via : https://jp.cointelegraph.com/news/professor-lawrence-lessig-argues-that-not-all-surveillance-is-bad