河合弁護士がFATF解釈ノートを解説 議論を呼ぶ7bとは

アンダーソン・毛利・友常法律事務所のパートナー河合健弁護士は26日、日本仮想通貨ビジネス協会で講演し、このほど公表された金融活動作業部会(FATF)のマネーロンダリング対策の「解釈ノートとガイダンス」について「7bが大きな議論が呼んでいる」と注目点を強調した。7bを実際に適用するには技術的な問題があり、官民で協力して検証していく必要があるからだ。



via : https://jp.cointelegraph.com/news/explained-the-fatf-recommendations-notes-and-how-understand-7b-section