自称サトシ・ナカモト裁判、仮想通貨ビットコインの保有量を証明できず 「手錠かけるぞ」と裁判官が警告する一幕も

ビットコインの創設者サトシ・ナカモトを自称するクレイグ・ライト氏は、裁判所が要求していたビットコインのアドレスを提出できなかった。28日にブルームバーグが報じた。ライト氏は、2013年12月以前のビットコインの保有量をなぜ証明できないのか説明するためにフロリダ州の裁判所に出廷を命じられていた。



via : https://jp.cointelegraph.com/news/bloomberg-craig-wright-does-not-have-access-to-bitcoin-fortune