ブロックチェーンに位置情報を作る FOAM の概要と仕組み

FOAMというプロジェクトがあります。

foam.space

 

ものすごく簡単に言うと、位置情報を参照できる標準プロトコルを作る・世界地図を作る、というプロジェクトです。

 

f:id:CoffeeTimes:20180915133116p:plain

 

後述する課題を解決するためのプロジェクトですが、簡単に表現すれば「分散型、プライバシー保護された、正確、検閲されない、GPSの代わりとなるような位置情報のインフラ」を提供することがゴールです。

現時点で日本ではあまり有名ではありませんが、1年以上計画していたものが最近(2018年9月13日)Ethereumのメインネットで地図として稼働し始めて少し話題になっています。

FOAMが解決する課題



  1. 位置情報の符号化

例えば「東京駅」という物理的な場所をアプリなどで参照するときに、「東京駅」は場所情報として符号化することでプログラム内で参照することができます。
現状の物理的な位置情報をエンコードする(符号化する)規格にはどれも課題がある、というのが彼らの主張です。

詳しくはホワイトペーパーにいくつか書いてありますが、かいつまんで説明します。

例えばGoogleなどある主体が位置情報を支配しているのが問題である、といっています。これは、サプライチェーン・運送・運転など、安全や料金を決める基準となる情報を1つの主体に左右されていいのか、という課題定義だと認識しています。
また1つの主体にまかせていては情報が集まらない地域もあり、未だに世界の70%の土地(その50%は都市部を含む)の情報が集まっていない・更新されていないという国連の調査情報を根拠にあげています。

2018.09.15 22:31



via : https://coffeetimes.hatenadiary.jp/entry/2018/09/15/133028