Parityバグ、Web3の見解アップデート

Parityのバグの問題について資金が凍結されたWeb3 Foundationのアップデートを翻訳しています。

 

medium.com

 

11月8日、EthereumのカンファレンスDevcon3のあとに、Parityのマルチシグウォレットのライブラリに脆弱性が見つかり、悪意のなかった人がコントラクトコードを潰し、Web3 Foundationが主に使っていたウォレットが操作できなくなりました。資金は奪われていませんが、送金などの操作が一切できない状態です。

 

この結果、Web3 FoundationがICOで集めたうちの 306,276 ETHがオフラインのマルチシグウォレットに凍結されている状態です。

 

現状について

今時点で、Web3Foundationは $45Mのフィアットと、BTCがあります。一部は法律や会計などの必要資金にあてられますが、それでもPolkadotを開発していくのに十分な資金が残っています。

このレベルの資金であれば、元々の技術思想、開発予定で継続していけるのは間違いないといえます。

そして今時点で、遅らせたり、開発やデプロイを他の方法に変えるなどという必要もありません。

さらにこの資金はただ単にPolkadotを開発するだけでなく、コミュニティを形成し、ミートアップやカンファレンス・ハッカソンを行うのに十分な金額です。

 

多額の援助を得たため、トラブルが起きる前より少ないですが、Polkadot以外にもWeb33やクリプト経済に使うことも可能です。

これらはWeb3のミッションの重要な部分と考えますが、もちろんPolkadotのメインのプロダクトではなく、Web3に余裕が出るまでは二の次のことです。

もしブロックされた資金が使えるようになれば、本来の用途に使う予定です。

つまりPolkadotのコア2017.12.30 07:07



via : https://coffeetimes.hatenadiary.jp/entry/2017/11/15/004323