キムチプレミアム再来、日韓でアービトラージってできるんだっけ!?

皆さんは”キムチプレミアム”あるいは”韓国プレミアム”という言葉を聞いたことはありますか?

この言葉はビットコインを含む仮想通貨の相場が特に韓国で高く設定されていることを指す業界用語です。

弱気市場の時はこのキムチプレミアムがなくなっていましたが、ビットコインが上がり、また格差が広がっている状態です。

これぐらい、格差が広がると皆さんの中でこう考えていらっしゃる方がはいないでしょうか?

「日本で仮想通貨を買って韓国で売って大儲けしようかな」とか「副業でやってみようかな」とか。。。私も考えており、実際に韓国のほうで色々情報を調べたところかなりリスクが高いと感じたので注意喚起の意味もあって皆さんに共有いたします。

本論に戻って、色々とシナリオを考えられますが、一般人が考えられる範囲の基本的なシナリオを構成してみますと以下の通りです。

シナリオ

①bitFlyerとUpbitで差額が大きいことが確認する。

②日本にいる吉田さんがBTCを1,220,000円で一つ購入する。

③韓国にいる友人イさんのUpbitの口座にBTCを送金する。

④イさんがUpbitでBTCを売却し、ウォンを確保する。

⑤イさんは銀行手数料を除いたBTC購入額1,220,000円相当+差益20,000円を吉田さんの銀行口座に送金する。

⑥アービトラージ結果

【投資額 1,220,000円】

吉田さん +20,000円

イさん +20,000円

銀行手数料 5,000円(仮の設定)

⑥時間がある限り、永遠と繰り返し金持ちになった!ラッキー!

こんなに楽してお金儲けいいですか?アービトラージは違法でしょうか?

結論から言いますと、アービトラージ自体は違法ではありません。例えば、問屋で買った1万円の靴をインターネットで2万円で売ったとしたら、1万円の差益を得ることができます。この差益をとる行為自体は不法ではありません。あとで説明しますが、問題になるのは韓国の法律上、代金が受け取れる限度が決まっていることです。

イさんが知るべき韓国のルール

1.基本的に韓国で海外に外貨を送る額が大きくなると考慮すべき点
年間 50,000ドル以内で自由に海外送金ができるが50,000ドルが超えると関連書類の用意が必要となる。

2.韓国では年間送金額が10,000ドルを超えると、送金の内訳が国税庁に通報される。

3.韓国では1件当たり、3,000ドルを超えると関連書類を提出しないと送金内訳を金融庁に通報される。

韓国で限度が厳しく設定されている理由

韓国におけるこうした巨額の裁定機会が存在する大きな要因としては、同国における厳しい反マネーロンダリング政策が挙げられる。韓国では、如何なるタイプのギャンブルも違法だが、これは、海外カジノや日本におけるパチンコ収入などを含む巨額のブラックマネーが韓国に定期的に収入として入ってくるためだ。

韓国当局は総額で10,000ドルを超える取引は厳しく取り締まっている。つまり、韓国の銀行口座を持っていたとしても、韓国のビットコイン取引市場でアービトラージにより利益を得ることは難しいということだ。企業であれ、個人であれ、10,000ドル以上ビットコインで利益を上げてしまえば、法によって厳しく取り締まられてしまうからだ。加えて、ビットコイン取引所は、追加のユーザー認証をユーザーに対して求めることが義務付けられている。

引用元:cointelegraph

じゃ、結論は何ですか?吉田さんとイさんは問題なく金持ちになれますか??

上記の理由で、大金の金額を送金する場合厳しく取り締まられる可能性があります。単発ではできると思いますが、金額が大きいビジネスとしては不向きといえます。

ビジネスとして成り立つための課題

ビジネスと成立させるための一番の課題は合法的な範囲で適切な書類を用意し、銀行が外貨を送金させるようにすることです。持続的な送金ができなければ、事業として成り立たないからです。

韓国、外国為替取引法の解釈

外国為替取引法上、個人は一年に5万ドルが超える金額を理由なく送金できません。それ以外の金額を送金するには理由が必要だけど許可される一部の理由を挙げると海外不動産投資、海外法人投資などがあ…



via : https://www.coinjinja.com/blog/posts/2019/7/koreapremium