2019年上場した収益率TOP10のICO – ATOM、BTT、V SYSTEMS、MATIC、CARRY、STP NETWOKRなど

2019年上場したTOP10のICO


情報提供: ICO Analytics
※上記の情報はICO Analyticsチームから許可を得て提供しております。(作成日7/4)

1.COSMOS(ATOM) #19

コスモス(Cosmos Coin)は異なるブロックチェーンをつなげるインターチェーンのためのプロジェクトです。コスモスチェーンは、それぞれ独立して存在している複数のブロックチェーンがお互いに通信できるようにネットワークにつなげ、まるでブロックチェーンインターネット(internet of blockchain)のように相互連携し、動作できるようにします。

コスモスネットワークはゾーン(zone)と呼ばれる複数の独立した並列ブロックチェーンで構成されています。それぞれのゾーンはテンドミント・ビザンチン障害許容(TBFT; Tendermint Byzantine Fault Tolerant)合意アルゴリズムで動作し、コスモスハブは、それぞれのゾーンを繋げる基幹網として機能します。コスモスチェーンの創設者は韓国系アメリカ人であるJae Kwon、グォンヨンジェです。

2.BITTORRENT #36

ビットトレント(BitTorrent)は音楽、映画、文書ファイルなど、さまざまなデータをインターネット上でP2P方式を使い、共有することができる通信プロトコルサービスです。ビットトレントは、中国のJustin Sunの暗号資産プロジェクトトロン(Tron)に買収された後、ビットトレントトークン(BTT)を発行しました。

中国の暗号資産プロジェクト、トロン側は2018年6月にビットトレント(BitTorrent)を1億2,000万ドル(約130億円)で買収しました。個人間のP2Pファイル共有サービスであるビットトレントは、全世界の138カ国に1億人のアクティブユーザーと10億人の一般ユーザーを保有しており、P2P市場で最も多くのユーザーを持っています。

トロンのビットトレント買収はTronのトークンエコノミー拡大戦略の一環とです。ビットトレントのインフラとトロンのブロックチェーンが結合されると、世界最大のP2Pネットワークを作ることができると予想されています。この結合は、オンラインコンテンツのお支払い方法やグローバル決済の新たな可能性を提供できるでしょう。コンテンツ制作者は、仲介者なしで分散化されたネットワークを通じ、数億人の世界的なユーザーにアピールすることができます。

3.V SYSTEMS #34

V SYSTEMSは、新しいデジタルエコノミー時代を作り上げるためのブロックチェーンデーターベースクラウドプロジェクトです。

このプロジェクトは最初のPoS合意アルゴリズムを開発し、Coinmarketcapで4位を記録していたPeercoin及びPrimecoinを作った伝説的ブロックチェーン開発者Sunnh Kingがリードしています。

V SYSTEMの使命は数百万個のブロックチェーンをベースにする未来、暗号資産エコノミーをサポートするためのインフラを構築することです。こういった目標を達成するため、V SYSTEMは次世代のPoSであるスーパーノード合意方式(Supernode Proof of Stake)を基盤に健康なブロックチェーンエコノミーを構築できる安定的な合意を創出します。

V SYSTEMはブロックチェーンデーターベースとクラウド開発ツールを利用し、ブロックチェーン開発を迅速かつ簡単に作り上げられることを目標にします。

4.MATIC #148

Matic Networkは、分散化に妥協することなく、既存の開発者コミュニティとエコシステムを活用しながら、スケーラビリティとユーザビリティの問題を解決するよう努めています。 Matic Networkは、DApps /ユーザー機能にスケーラビリティと優れたユーザー経験を提供し、既存のプラットフォーム用のオフサイドチェーンスケーリングソリューションです。

5.CARRY #162

2019.07.08 18:15



via : https://www.coinjinja.com/blog/posts/2019/7/top10ico