【7/8】世界ニュースまとめ – BTC半減期でマイニング業者はBTCを売らない、LIBRAの難航

【暗号資産アナリスト、BTC半減期でマイニング業者はBTCを売らないとコメント】

著名な暗号資産アナリスト、Joseph Youngが最近ツイッターを通じ「BTCマイニング業者らがBTCの売却をするより保有するというBrain Kellyの展望があった」と述べ、「半減期が近づくに連れこういった現象は予想より強力な要素として働く」と予想した。

BTCは2020年6月からマイニングの報酬が半分になると想定されている。半減期によって、ビットコインのブロック当たりのマイニング報酬は現在の12.5BTCから6.25BTCになる予定だ。

BTCの半減期は21万ブロックが生成されるたびに訪れると決められており、約4年ごとに一度の半減期を迎えることになる。

参照元:Twitter

【バイナンス最大、1万ドルのバグBountyプログラム発表】

中華系の仮想通貨取引所バイナンスは7/8午前9時頃(日本時間)公式ホームページを通じ、第2バイナンスチェーン及びバイナンスDEX関連のバグBountyプログラム(セキュリティ上衰弱点を発見したら報酬を与えるもの)を発表した。

今回のプログラム期間は約6ヶ月でバイナンスがサービスしているBinance.org、dex.binance.org(API)、Binance Chainなどの欠陥及びバグを発見し知らせるユーザーには最大、10,000ドル相当(約108万円)のBNBを報酬として与えるとの説明だ。

参照元:Binance

<...



via : https://www.coinjinja.com/blog/posts/2019/7/sekainews3