【7/11】世界ニュースまとめ – カナダ政府、仮想通貨取引所登録を義務化へ、プラストークン最上階級、中国公安に逮捕が公式確認

【カナダ政府、仮想通貨取引所登録を義務化へ】

10日、コインテレグラフによるとカナダ政府が来年の2020年6月1日までカナダ現地のすべての仮想通貨取引所を対象に「カナダ金融取引報告分析センター(FinTRAC)」への登録を義務化した。

カナダ政府はマネーロンダリング、テロ資金支援などの犯罪収益に対する規制改正案を発表し、現地の仮想通貨取引所が当局の登録手続きを遵守しないといけないことを明らかにした。

これに関して現地Oslerの法律事務所のLori Stein弁護士は今回の改正案発表で仮想通貨業界に対する現地銀行及び金融機関のサービス提供がより開放的で円滑になると展望した。

一方で今回の改正案で仮想通貨取引所が現地市場で離脱する可能性もあると予測する人もいる。

参照元:Cointelegraph

【プラストークン最上階級、中国公安に逮捕が公式確認「本体ではない」】

odailyなどの中国現地メディアによると、突然出金中止になり、詐欺疑惑のあるプラストークンのピラミッドの最上階級らが中国のえんじょう(盐城)の公安当局に引き渡された。

先日、プラストークンの創設者として推測される6人がバヌアツで詐欺行為を行い逮捕されたと報道された事実がある。

盐城の公安当局は「バヌアツの司法当局から既に容疑者らを引き渡された」と述べ、彼らはプラストークンのピラミッドの最上階級に立つものだが、事件の本体ではないことを明らかにした。

また、盐城公安当局はインターネット上で流れているプラストークン関係者
谷智江(こく・ちこう)の指名手配の写真について「捏造されたものではなく実際の資料」であることを明らかにした。

当居は谷智江はプラストークンのマーケティングのために、関係者として舞台に…



via : https://www.coinjinja.com/blog/posts/2019/7/sekainews6