選挙運動向けに仮想通貨発行、米連邦選挙委員会が承認 「貨幣価値はない記念品として」

米連邦選挙委員会(FEC)は、オマル・レイズ氏が議会選挙戦運動に向けたインセンティブプログラムとしてERC20トークンを発行することを暫定的に承認した。7月5日に同プロジェクト案を審査した。



via : https://jp.cointelegraph.com/news/us-elections-regulator-gives-tentative-go-ahead-to-campaign-token