米国当局、仮想通貨資産把握のため大手ハイテク企業の利用を検討

米国の国内国歳入庁(IRS)は、納税者の仮想通貨資産把握のためAppleやGoogle、Microsoftといった大手ハイテク企業を利用することを検討している。仮想通貨取引による利益に対する納税逃れを防ぐ狙い。参照元



via : https://btcnews.jp/528zzecu26497/