米長官、リブラや暗号資産に「深刻な懸念」 – 米政府の暗号資産に対する立場を分かりやすく整理

【米長官、リブラや暗号資産に「深刻な懸念」】

トランプ大統領は11日、ツイッターを通じリブラや暗号資産に関して「信頼できない」と述べ、銀行と同様の厳しい規制を設けるべきだとコメントしていた。

トランプ氏の発言に加えて、ムニューシン米財務長官は15日、緊急記者会見を通じて、Facebookが計画している「リブラ」に関してマネーロンダリングやテロリストへの資金供与に悪用される可能性が強い「深刻な懸念を持っている」と話すと共に米国の暗号資産に対する立場を公式に表明した。

以下、公式発表内容

  1. 米、政府は暗号資産が裏で運用されることを防止するために、米国の銀行に暗号資産関連規制を遵守することを要求する。

  2. 現在、デジタル資産に関する部署が設立され運営されている。

  3. 暗号資産に関する規制は米国に限られることではなく、G20及びFATFで論議されたように、グロバールで対応する必要がある。

  4. SECをはじめ機関投資家や一般投資家が暗号資産に対する情報を分かるようにするべき。

  5. 暗号資産の投資からは相場のボラティリティを考えたうえで投資するべき。

  6. 暗号資産をマネーロンダリングや他の不正行為で使った場合、政府は積極的に追跡し取り締まる。

  7. 既存の暗号資産市場は投機目的などの否定的な目的で使っていた集団が存在したが、米政府はこの行為を防ぐ。

  8. 我々は暗号資産及びデジタル資産を排斥しない。

参照元:Cointelegraph Japan

参照元:2019.07.16 14:21



via : https://www.coinjinja.com/blog/posts/2019/7/americalibra