仮想通貨に係る「マネロン・犯罪収益の疑い」届出件数が前年比10倍に=警視庁

警察白書が公開警視庁は29日、2019年版(令和元年)の警察白書を公開。仮想通貨交換事業者から犯罪収益やマネーロンダリングの疑いで届出が出された件数が7096件、前年比の10倍以上に増加したことがわかった。警察白書警視庁は29日、2019年…



via : https://coinpost.jp/?p=98714